シルバーバーチのメッセージ 

<過去ログ・2014年>


過去ログ・2005200620072008200920102011・2012 2013

 

 戻る





’14/12/20

痛みも苦しみもない人生、辛苦も悲哀もない人生、常に日向を歩き、日蔭というものがない人生を送る人は、地上には一人もいません。

[地上人類への最高の福音・49]



’14/11/20

霊的知識を手にすればその時点からその活用の仕方に責任が不可されます。その知識の分だけ生活水準が高まらないといけません。高まらなかったら、その代償を支払わされます。ごまかしは利きません。知識を授かったからには、言い逃れは許されません。宇宙の機構がわかり、生命の秘密が明かされたからには、隣人に対して、世の中に対して、そして自分自身に対して、より大きな
責任を付加されたことを自覚しないといけません。生活が豊かとなり、神聖さを増し、人のために役立ちたいという願望が内部で燃えさからないといけません。

[霊性進化の道しるべ・227]



’14/10/20

神の摂理に逆らった生き方をする人は自ら苦い収穫を刈り取らねばなりません。摂理に素直にしたがって生きる人は、物的な面においても霊的な面においても、幸せと豊かさを手にすることになります。

[シルバーバーチの教え・上・44]



’14/9/20

サービスに優る宗教はありません。サービスは霊の通貨です。分け隔てなく、すべての人に、愛と慈しみの心で臨むことができれば、あなたは最高の意味において“宗教的な”人間であると言えます。最高の神性を顕現しているからです。

[最後の啓示・129



’14/8/20

人のために役立つことをする ― これが他のすべてのことに優先しなくてはなりません。大切なのは“自分”ではなく“他人”です。魂の奥底から他人のために良いことをしてあげたいという願望を抱いている人は、襲いくる困難がいかに大きく酷しいものであっても、必ずや救いの手が差しのべられます。道は必ず開けます。

[新たなる啓示・47]



’14/7/20

地上世界は霊的知識を必要としております。それは、生活の全側面を照らし出し、理解に苦しむ問題を簡単に解いてくれます。人類の進歩のブレーキとなってきた誤った教えの粗悪さと不当性によって、これ以上苦しめられることは無くなるでしょう。今まさに地上世界は、歴史的に見ても重大な時期を迎えているのです。皆さんの目の前で新しい歴史が刻まれつつあるのです。

[新装版・不滅の真理・220]



’14/6/20

人間である以上は煩悩を完全に閉め出すことはできません。が、だからといってその煩悩を怠慢の言い訳にしてはなりません。
心構え一つで煩悩を力に変えることができるのです。

[シルバーバーチの霊訓12-74]



’14/5/20

他の存在を思いやる心がないようでは霊性を欠くことになります。霊能者や心霊治療家が人生の辛酸をなめさせられることが多いその理由の一つは、みずから苦しんではじめて他人への思いやりの心が芽生えるからです。神の道具としての道が常に酷しく、ラクをさせてもらえないのは、そこに理由があります。

[シルバーバーチの霊訓11-121]



’14/4/20

その無限の宇宙機構の中にあって神の子は、一人の例外もなく必ず何らかの役目があります。そして、それを果たそうとすると、いろいろと困難が生じます。が、それは正面から迎え撃って克服していくべき挑戦と心得るべきです。困難と障害は、霊性を発達させ進化させていく上において必要不可欠の要素なのです。

[シルバーバーチの霊訓10-21]



’14/3/20


大霊は完全です。摂理は完全です。必ず摂理どおりに働きます。が、そのワクの中に自由意志の要素が存在し、その中に、自分の意志で貢献するチャンスが与えられているわけです。全世界を破滅に追いやる力はありません。大混乱を巻き起こすくらいならできるでしょう。が、人間のすることにはおのずと限界があります。

[シルバーバーチの霊訓9-38]



’14/2/20

人生に偶然はありません。偶発事故というものはありません。偶然の一致もありません。すべてが不変の自然法則によって支配されております。存在のどの側面を分析しても、そこには必ず自然法則が働いております。人間もその法則の働きの外には出られません。全体を構成する不可欠の一部だからです。

[シルバーバーチの霊訓8-32]


’14/1/20
真理はたった一人の人間を通じてもたらされるものではありません。地球上の無数の人々を通じて浸透していくものです。霊力の働きかけがあるかぎり人類は着実に進歩するものであることを忘れないでください。
シルバーバーチの霊訓7-38]