シルバーバーチのメッセージ

〈過去ログ・2008年〉



〈過去ログ・2005年2006年2007年


戻る




 

’08・12・20
あなたが存在することによって世の中の誰一人として益を受けることがなければ、この世に生まれてきた甲斐がなかったことになります。もしスピリチュアリズムを信奉する人がいま深刻に要請されている精神的革命に何の役割も果たせないとしたらそれは自分に対する欺瞞であると同時に、その目的のためにその人を使用した霊の力に対する欺瞞にもなります。人間を通して地上へ注がれる莫大な霊力には成就すべき巨大な宿命があります。それは人類の霊的革新です。
[シルバーバーチの霊訓・3−84]


’08・11・20
私たちを道具として使用せんとする崇高なる霊の働きに常に思いを馳せましょう。その神の恩寵を存分に享受するために心を広く持ちましょう。なるほど私たちが神のメッセンジャーであることを認めてもらえるように日々の生活における言動に愛と善意を反映させるように心がけましょう。
[シルバーバーチの霊訓・2−171]


’08・10・20
神の計画が変わることはありません。あなた方が自らを変えてその計画に合わせなくてはなりません。神の霊力の流れに調和し、日々の生活をその流れに乗って送れば、あなた方の地上での存在意義が完うされます。
[シルバーバーチの霊訓・1−79]


’08・9・20
光の存在を知るのは闇があるからです。暗闇がなければ光もありません。光ばかりでは光でなくなり、闇ばかりでは闇でなくなります。同じように、困難と悲しみを通してはじめて、魂が自我に目覚めていくのです。もちろん、それは容易なことではありません。とても辛いことです。でも、それが霊としての永遠の身支度をすることになるのです。なぜなら、地上生活のそもそもの目的が、地上を去ったあとに待ちうける次の段階の生活にそなえて、それに必要な霊的成長と才能とを身につけていくことだからです。
[霊的新時代の到来・253]



’08・8・20
今日の人間は“牢”の中で暮らしているようなものです。その牢には小さな窓がたった5つしかついておりません。それが五感です。目に見え、耳に聞こえ、鼻で嗅ぎ、舌で味わい、肌で感じるものだけを実在と思い、それ以外の、身のまわりに起きている無数の出来事には、まったく気づいていらっしゃいません。あなたが存在するその場所、およびその周辺には、次元の異なる世界がぎっしり詰まっていて、そこでも生命活動が活発に展開しているのです。見えないから存在しないと思ってはいけません。あなたの感覚ではその波動が捉えられないというだけのことです。
[地上人類への最高の福音・31]



’08・7・20
暗い空気が支配している現実の中にあっても、決して希望を捨てることなく、人類の高揚のために皆さんとともに働いている霊界の同志たち、物質界を少しでも住みよいところにするために活動している勢力は必ずや勝利を手にするとの確信をもってください。皆さんの味方は宇宙で最強の力なのですから。
[霊性進化の道しるべ・112]



’08・6・20
魂の進化は、魂そのものに刻み込まれていきます。ところが地上の人間はとかく、霊的なものではなく物的なもので判断しがちです。高い身分に生まれようと低い身分に生まれようと、人のために役立つことをするチャンスは必ず与えられます。魂が内部の神性に目覚め、それを発揮するチャンスはすべての人に訪れるのです。それこそが唯一の判断基準です。物的基準で計る限り、地上界は不公平だらけに思えるかもしれません。しかし、真の埋め合わせとは魂の次元におけるものであり、魂は自らを顕現させるために、あらゆる苦難を通して学ぶのです。
[シルバーバーチの教え・上・167]



’08・5・20
私たち霊界の者は地上人類を一つの霊的大家族とみております。全体を一つにつなぎとめる霊的な絆があることを実感しております。そのこと、すなわち全人類は、霊性において一つであるということを知らねばなりません。地上生活の目的は人のために役立つことをする・・・つまりお互いが助け合うということ、そしてそうした生き方の中で霊的に、精神的に、そして物質的に、あらゆる束縛から解き放たれることです。
[最後の啓示・117]



’08・4・20
世界中の図書館の本を全部読んでも、それだけでは進歩は得られません。それを体験によって強化しないといけません。つまり霊的成長が得られるか否かは、人生体験にどう対応するかに掛かっています。そこに、地上に生をうけた、そもそもの目的があるのです。
[新たなる啓示・134]



’08・3・20
私たちが提供するのは霊の力です。あらゆる困難を克服し、障害を乗り越えて、真理の光と叡智と理解力を顕現せしめ、神の子らに恒久的平和を築かせることができるのは、霊の力を措いてほかには無いのです。
[新装版 不滅の真理 138]



’08・2・20
あなたが人間であり、それゆえに転ぶこともあることは私も知っております。ですが、悩みごとが次第に大きく感じられてきた時、そこでしっかりと踏みとどまり、いかなる悩みごとも、実在である霊の光を曇らせることはできないのだという認識を新たにすることができれば、心晴れやかとなり絶対に克服してみせるとの信念が湧いてまいります。
[シルバーバーチの霊訓12−147]



’08・1・20
われわれは大事な仕事にたずさわっているのです。すでに何度も申し上げていることですが、大義に身を捧げることは気高いことであることを今こそ肝に銘ずべきです。人間の気高さは人のために役立つことをすることから生まれるのです。
[シルバーバーチの霊訓11−140]