シルバーバーチのメッセージ 

<過去ログ・2007年>



過去ログ・20052006

 

 戻る

’07・12・20
われわれ一同は神の道具です。神の道具として役に立つということは光栄なことです。人のために役立つことをすることほど立派な宗教的行為はありません。それこそが霊の正貨です。人のために自分を役立てることは崇高なことです。人のために役立っていると思う時、私たちは心の奥に安らぎと静けさと満足感を覚えます。宇宙の絶対的な支配力への全幅の信頼、神へ向けて一歩また一歩と近づかんとする努力の支えとなる堅忍不抜さは、人のために尽くしている中でこそ得られるのです。
[シルバーバーチの霊訓10−26]


'07・11・20
地上生活の目的はいたって単純です。本来のあなたである霊的本性を開発・強化して、死後に待ちかまえる次の生活の身支度をすることです。となると、ありとあらゆる人生体験 ― 楽しいことも苦しいことも、光も蔭も、有利なことも不利なことも、愛も憎しみも、健康も病気も、その一つ一つがあなたの霊的成長にとって何らかのプラスになるということです。
[シルバーバーチの霊訓 9−44]



’07・10・20
地球という惑星上の全生命は究極において唯一の霊的ゴールに通じる道をたどりつつ永遠の巡礼の旅を続けております。どの道をたどるかは問題ではありません。巡礼者の一人ひとりが真摯に自我の向上を求め、責任を遂行し、与えられた才能を開発して、その人が存在したことによって他の人が霊的な豊かさを得ることができるようにという、誠実な動機をもって生きればそれでよいのです。
[シルバーバーチの霊訓 8−34]



’07・9・20
大切なのは、あなた方はもともと霊的存在であり、果たすべき霊的宿命をもってこの地上にあるという認識です。ですから、これからの新しい時代は霊的真理を土台として築かなければなりません。証拠をもって立証されたという意味において真理といえるものを土台としなければなりません。寛容精神と善意と愛と奉仕精神と協調心をもって臨めば地上に恒久的平和と調和のとれた世界を招来することができるでしょう。
[シルバーバーチの霊訓 7−44]



’07・8.20
神は全生命の中心です。宇宙は神が内在するがゆえに存在しているのです。地上のあらゆる存在物も神が内在するからこそ存在しているのです。あなた方もミニチュアの神なのです。あなた方の心がけ次第でその内部の力が成長し、発展し、開花するのです。その成長の度合いを決定づけるのはあなた方自身です。他の誰も代わってあげることはできません。それが地上生活の目的なのです。
[シルバーバーチの霊訓 6−198]



’07・7・20
私たちは刀剣や銃を手にせず愛と寛容心と慈悲と奉仕の精神でもって闘っている大軍の一翼を担っております。私たちの武器は真理と理性です。そして目指すのは人間として当然受け取るべきものを手にできずにいる人々の生活に豊かさと美しさをもたらしてあげることです。
[シルバーバーチの霊訓 5−54]



’07・6・20
神性を宿した種子は一人の例外もなくすべての人間に植えられております。その小さな種子は畑に蒔かれた種子と同じく正常な生長を促す養分さえ与えれば、やがて芽を出し、花を咲かせ、そして見事な実をつけます。その種子は神があなた方の魂に植えてくださっているのです。が、その手入れをするのは自分自身です。いつ花を咲かせるか、あるいははたして首尾よく花を咲かせるかどうかは、ひとえに各自の努力に掛かっております。
[シルバーバーチの霊訓 4−37]



’07・5・20
忠誠を捧げるべきものは宇宙の大霊すなわち神とその永遠不変の摂理です。そのことを知った者はその真理の炎を絶やさぬように努力し、向かうべき方角も分からずに迷っている人々に、いつでも希望と慰めと啓示を与えてあげられるようになることが勤めです。あなた方の世界は暗黒に満ちております。人生に疲れ生きる意欲を失い困惑している人、慰めのひとこと、一片の真理を渇望している人々が大勢おります。あなた方による緊急の援助を必要としております。そういう人々のためにあなた方は一刻を惜しんで真理の普及のために努力すべきです。
[シルバーバーチの霊訓 3−125]



’07・4・20
地上で学ぶべきことは人のために役立つということ、これに尽きます。それはさまざまな能力によって実践できます。光明を授けることもそうですし、生活に彩りを添えてあげるのもそうですし、しょげかえっている人を元気づけてあげるのもそうですし、真理を見出す道案内をしてあげるのもそうです。人のために役立つ手段はいくらでもあります。
[シルバーバーチの霊訓 2−92]


’07・3・20
自分がこの世に存在することの目的を日々成就できること、つまり自分を通じて霊の力がふんだんに地上に流れ込み、それによって多くの魂が初めて感動を味わい、目を覚まし、健全さを取り戻しあらためて生きることのありがたさを噛みしめる機会を提供すること、これは人のために役立つことの最大の喜びです。真の意味で偉大な仕事と言えます。
[シルバーバーチの霊訓1−116]


’07・2・20
宇宙の大霊は無限の存在です。そして、あなた方もその大霊の一分子です。不動の信念をもって人間としての正しい生活を送れば、きっとその恩恵に浴することができます。このことに例外はありません。いかなる身分の人であろうと、魂が何かを求め、その人の信念に間違いがなければ、必ずやそれを手にすることができます。それが宇宙の摂理なのです。その摂理に調和しさえすれば、必ずや良い結果が得られます。
[霊的新時代の到来−64]


’07・1・20
宇宙の大霊の大事業に誰しも何らかの貢献ができるのです。霊的知識の普及において、苦しみと悲しみの荷を軽くしてあげることにおいて、病を癒してあげることにおいて、同情の手を差しのべることにおいて、寛容心と包容力において、我々のすべてが何らかの役に立つことができるのです。かくして各自がそれぞれの道において、温かき愛と、悠然たる自信と、確固たる信念をもって生き、道を見失った人々があなた方を見て、光明への道はきっとあるのだと感じ取ってくれるような、そういう生き方をなさってください。それも人のために役立つということです。
[最高の福音・199]