シルバーバーチのメッセージ 

<過去ログ・2005年>


 

 戻る


’05.12.20
私がお教えしているのはごく単純な真理です。しかし単純でありながら大切この上ない真理です。地上人類が自らの力で自らを救い、内在する神性を発揮するようになるためには、そうした霊的真理を日常生活において実践する以外にないからです。あなた方はその貴重な霊的宝を手にされていること、それがすべての霧とモヤを払い、悟りの光りによって暗闇を突き破ることを可能にしてくれることを知ったからには、自信をもって生きてください。

[シルバーバーチの霊訓 5−55]




’05.11.20
あらゆる病を治し、あらゆる困難を克服する力を人間の一人ひとりが宿している事実を地上人類はいまだに悟っておりません。心身が衰弱した時に引き出せる霊力の貯蔵庫を一人ひとりが携えているのです。“神の御国は汝等の心の中にある”この言葉の真意を理解する人がなんと少ないことでしょう。その、より大きな自我と接触する方法は、神の摂理に則った生活を送ることでしょう。が、それを実行する人が何人いるでしょうか。生活は行為だけで成り立っているのではありません。口にすること、心に思うことによっても成り立っております。行為さえ立派であれば良いというものではありません。むろん行為がいちばん大切です。しかし口をついて出る言葉、心に思うこともあなたの一部です。
[シルバーバーチの霊訓 4−28]



’05・10・20
私たちが地上へ戻ってきたのは一時のセンセーションを巻き起こすためでもなく、一部の人たちだけに喜びをもたらすためでもありません。肉親を失った人を慰めるのも大切です。悲しみの涙にくれる人の涙を拭ってあげるのも大切です。が、それよりもっともっと大切なことは、霊的真理を日常生活のすべてに生かすことです。要するに私たちの説く宗教は実践の宗教です。一日一日の宗教−1日24時間、1時間60分、1分間60秒、そのすべてを実践の時とする宗教です。それが私たちの評価の基準です。それが私たちの目標とする理想です。それが知識を手にした者の本当の仕事、自分だけが喜びと慰めを得るに止まらず、すべての人に隔てなく分け与えてあげる義務なのです。              
[シルバーバーチの霊訓 3−83]



’05・9・20
獲得した知識は着実に実生活に生かしていくように心がけましょう。その知識全体に行きわたる霊的理念にそって生活を律していきましょう。人間の勝手な考えや言葉や行為によって色づけせず、その理念に忠実に生き、その行為を見た全ての人から成るほど神のメッセンジャーであり、霊界からの朗報の運搬人であると認めてもらえるようになりましょう。そう努力することが又、より大きな叡知、より大きな愛を受けるに相応しい資質を身につけることになり、また宇宙間の全生命の宿命を担いつつ一切を懐に包んでいるところの、その驚異的な霊力とのいっそう緊密なつながりを得ることになるのです。
[シルバーバーチの霊訓 2−26]


’05・8・20
私にできることはいつの時代にも適用できる真理を説くことです。それを受け入れ生活の基盤とするのはあなた方の役目です。それは容易なことではありません。しかし、もしも容易であったらそれだけの価値はないことになりましょう。霊的探検に容易なものは何一つありません。霊の進むべき本来の道は何にも増して困難なものです。聖者の道、悟りへの道、円熟への道は容易には達成されません。自己犠牲を伴う長くゆっくりとして根気のいる、曲がりくねった道です。
[シルバーバーチの霊訓 1−83]