スピリチュアリスト日記


-スピリチュアリズムの実践-


あなた方一人一人の内部に宿された霊性が発達するのは、日常生活で生じる問題をいかにして解決していくか、その努力をしているときです。

-シルバーバーチの教え・上・102-






私たちの日々の歩みの体験・感動・感想を綴りました。
 毎月第3木曜日更新

BACK

過去ログ <2021><2022>




’23/1/19(木)


「イエスの地上伝道の開始」


2023年がスタートしました。イエスが地上再臨して3年目を迎えます。イエスは昨年から地上伝道を本格的に開始しました。イエスの願いは、2000年前に成し得なかった真の救いとなる霊的真理を広め、悲劇、苦しみにあえいでいる地球人類の救いです。イエスの地上伝道に伴って、さらに時期の来た方たちが、真の救いに繋がるスピリチュアリズと出会うことができるようになります。多くの人たちが、最高の真理を一日も早く手にしていただきたいと心から祈ります。

                    


「『インフォメーション46号』を読んで」

インフォメーション45号に続き、46号も、統一教会の本質と実態が、文鮮明の死後の状態、熱心に信仰していた信者たちの死後の世界からの通信によって、初めて明らかにされた衝撃的な内容です。

今号で、次々に明らかにされた統一教会の実態は、霊界までの視点から見据えた時に、本当に背筋が凍るほどの恐ろしさを感じるものでした。文鮮明は救済の手も差し伸べられない奈落の底の沼底、漆黒の暗闇で苦しみ悶えているという実状は、現実の世界でここまで人間に対して行ってきた行状を考えれば当然です。が、強力な洗脳教育を受ける中で、ウソで塗り固められた教義とはつゆほども思わず、救いを願い、ただ先祖の苦しみを取り除きたい、世界中の人々が幸福になってほしいという純粋な願いから、信仰を続けてきた信者たちを思うと本当に心が痛みます。

元統一教会の信者の方たちの、間違った宗教を信じたが故の、霊界での苦しみの体験を経て、真の光を得た今、送られてきた通信の数々は胸を打たれます。地上の人々に真実を分って欲しい、スピリチュアリズムのみが人類を救うものであることをしっかりと知って欲しいという霊界からの切々たる訴えは、まさに摂理から外れた宗教が、一途な信仰を貫いた人々に死後どのような結果をもたらし、どういった被害を及ぶすのかを強く実感できる内容でした。
霊的牢獄がどのようなものなのか。そこから抜け出すためにどれほど大変な思いで這い上がらなければならないのか。地上で洗脳を解き、間違いを正していた方がはるかに楽であることをあらためて確信します。現実の地上での信者たちが、一日も早く統一教会のウソの教義に気づき、地上において、唯一の真の救いに繋がるスピリチュアリズムに導かれることを心から願わずにはいられません。

インフォメーションには、「今号にはイエスを始めとする霊界の高級霊たちの願いが込められているのです。」とありました。イエスの指導の下、億万の高級霊たちが全人類の救いのため、霊界でのこうした悲劇を無くすために働いています。霊的無知な地上人に霊的真理を伝え、真の神の子供としての歩みをしてほしいとの切実な思いから全てを犠牲にして働いてくださっています。スピリチュアリズムという本物の救いの道を伝えるために、これからも精一杯、霊界の道具、イエスの道具として働いていきたいと思います。 (S/S)




  TOP  読書会  プロフィール    助けとなる言葉  読書会の感想