シルバーバーチ祈り~過去ログ

シルバーバーチの祈り 

< 過去ログ・2014>


   BACK

  <2008・2009・201020112012 2013



’14/12/20
ああ、真白き大霊よ。
地上の愛する者たち ― あなたの子等に知識と真理とを授け自らを霊的束縛から解放する方法を教えようとする私たちの仕事の忠実なる助力者たち ― その人たちのために尽力することによってあなたに奉仕するこの機会をお与えくださったことに、私たちは感謝の意を捧げるものです。

〔スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ・80〕


’14/11/20
ああ、大いなる神よ。
物的世界と霊の世界との通路になっている人々 ― たとえその多くは無意識であっても ― 永遠の生命の大目的についての理解を深めさせる上で力となっている人々のすべてに対する感謝の心を御前に捧げます。
あるいは教会、あるいは寺院と、その場所を異にし、さらには宗教と名のつくものを標榜することなく、ただひたすら己の内部の最高のものを発揮せんとしてあなたを求めている謙虚にして潔き人たちへの感謝を御前に捧げます。

〔スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ・80〕


’14/10/20
ああ、大いなる神よ。
あなたからのインスピレーションを啓示し人類に霊的摂理を理解せしめんと努力した人たち、また、同じ地上に身を置くがゆえにこそ同胞に恩恵をもたらすことができた人たちのすべてに対する感謝の気持ちを御前に捧げます。

〔スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ・80〕


’14/9/20
ああ、大いなる神よ。
人類の歴史のあらゆる時代において子等に明かされた、あなたご自身ならびにあなたの無窮の目的についての啓示に対しても、わたしたちは御前に深甚なる感謝を捧げます。そのために捧げられた殉教と英雄的行為のすべて、先駆者ならびに改革者のすべて
同時代の同胞を高揚せんとして腐心した人たちのすべてに対する感謝の気持ちを御前に捧げます。

〔スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ・80〕


’14/8/20
ああ、大いなる神よ。
あなたの神性を生活の中で体現している人たち、また彼らの理想とするところ、彼らの気高さ、彼らの犠牲的精神が、彼らより低き進化の階梯にある者への霊的感化となっている人たちへの感謝の気持ちを御前に捧げます。

〔スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ・78〕


14/7/20
ああ、大いなる神よ。
私たちは宇宙に顕現せるあらゆる生命現象を通して啓示されているあなたの無限の相に対して感謝の言葉を捧げるものです。又わたしたちは“愛の橋”を通って“死の淵”を越える機会をお与えくださったことにも感謝の念を捧げます。
物的身体に宿る者であろうと霊の界層に生を営む者であろうと、あなたとあなたの子等のために進んで我が身を役立たせんとして励む者に対する感謝の気持ちを、わたしたちは御前に捧げるものです。

〔スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ・78〕


’14/6/20
ああ、真白き大霊よ。
わたしたちに生命を賦与してくださったことに深く感謝いたします。なぜなら、それはわたしたちの霊をあなたの霊の中へ融合させることによってわたしたちにもあなたの無窮の目的に参加することを可能ならしめ、あなたのご意志を顕現し、あなたの愛と叡智と真理と知識とを啓示する大事業のお手伝いをさせていただくことになるからでございます。

〔スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ・78


’14/5/20
それがわたしたちが説き明かさんとしている大霊でございます。そのあなたの摂理を子等に教えんとしているのでございます。それを理解することによってこそ子等は俯仰天地に愧じない生き方ができるのでございます。自らの力で束縛を解き放すことができるのでございます。奴隷のごとき卑屈な生き方を止め、膝を折ってあなたに媚びへつらうことなく、あなたからの生得の遺産を主張する ― すなわちあなたのご意志を日常生活の中で発揮していく権利を堂々と主張できるのでございます。
〔スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ・56〕


’14/4/20
その分霊を通じてあなたはご自身を顕現なさらんとしておられるのでございます。子等の奉仕的生活を通じてあなたのご意志が発揮され、あなたの摂理が理解され、かくしてあなたの造化の大業の目的と同胞とのつながり、そしてあなたとのつながりについて子等が理解を深めるのでございます。
その理解の深まりとともに地上世界に新たなる光明、新たなる希望がもたらされます。平和が行きわたり、闘争が無くなります。利己主義が消え、悲しみが喜びに置き換えられ、生きるための必需品に事欠いていた人たちが真実の地上天国に生きることになるのでございます。
〔スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ・56〕


’14/3/20
ああ、大霊よ。
あなたはたった一冊の書物の中にいらっしゃるのではありません。たった一つの教会、たった一つの寺院、たった一つの神殿、たった一つの礼拝堂の中にいらっしゃるのでもありません。物質界の子等の有限なる理解力によって規定することも制約することも圧縮することもできない広大無辺の霊でいらしゃいます。
とは申せ、あなたは断じて子等とは無縁の遠き存在ではございません。まさに子等の内奥にましますのです。あなたの分霊としてで7ございます。
〔スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ・56〕


’14/2/20
ああ、真白き大霊よ。
私たちはあなたを永遠の生命のあらゆる現象の背後に働く無限の法則として説き明かさんとしております。古き時代にはあなたは歪められた眼鏡を通して見られておりました。嫉妬に狂う神、腹を立てる神、好戦的な神と思われたこともございました。
しかし、私たちは無限なる霊、あらゆる生命現象を通じて息づき、あらゆる自然法則の働きとしてご自身をお示しになっている存在として説き明かさんとしております。無限の叡智と理解力、愛と真理の大霊 ― 弱き者、悩める者、挫折せる者を鼓舞することに精励する人々の生きざまを通じて顕現している大いなる霊として説くのでございます。
 [スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ・55]


’14/1/20
子等が霊の目と耳とを開きさえすれば、高級界からの美と叡智と豊かさとが、ふんだんに注がれるのでございます。その高級界こそが、すべてのインスピレーション、すべての啓示、すべての叡智、すべての知識、すべての愛の始原なのでございます。
わたしたちの使命は、子等に内部の神性と霊的本性に気づかせ、地上はいっときの仮住まいであって、永遠の住処は霊界にあること、地上生活の目的は、そうした崇高なる霊的起源と誉れ高き宿命に恥じないだけの霊格を身につけることであることを理解せしめて、しかるべき導きを与えることでございます。

(地上人類への最高の福音・275)